虫歯はなぜできる?

虫歯は歯磨きをきちんとおこなっていても、人によってはすぐにできてしまいます。
一方で、虫歯のできやすいような生活をしているのに、全く虫歯ができない人もいますが、そもそもどうして虫歯ができてしまうのでしょうか。

虫歯菌というのが口の中にあるかが、大きく影響します。
虫歯菌とは、ミュータンス菌というもので、生後10か月から36カ月の間に、母親が原因で感染する菌です。
保護者の口の中にミュータンス菌が多くあれば、より多くのミュータンス菌に感染して虫歯のできやすい体質になってしまう可能性が高いのです。

同じ量の砂糖を食べ続けたとしたら、ミュータンス菌が多い方がより高い確率で虫歯となります。
口の中にミュータンス菌が大量に口の中に入りますと、歯磨きをした程度では、ミュータンス菌の量を減らすことは難しいのです。
ミュータンス菌には、一度歯についたら、螺旋状の突起物を歯に打ち込み容易にはならない張り付き、コロニーを形成して、歯の表面に虫歯になりやすい膜(バイオフィルム)となるのです。

また、歯垢(プラーク)に潜む酸も虫歯の原因となります。
酸は歯を溶かし、象牙質まで溶かされてしまいますと、自力修復は不可能であり治療を受けない限り歯は溶かされ続けます。
虫歯の原因は歯の表面についた歯垢の中に潜む、ミュータンス菌が糖分を酸に変えて歯を溶かすのです。

そして、この酸によって歯に穴が開くと虫歯になります。
ミュータンス菌は感染すると完全に除去することは不可能ですから、新しいミュータンス菌が歯につかないように歯磨きをこまめにするしかありません。
本サイトではどうして虫歯になるのか、虫歯にならないためにはどうすればいいのかを解説していきます。


▽注目サイト▽
虫歯で歯が無くなってしまった方の為のインプラント手術を行っているクリニックです・・・インプラント